アクアスブログ

引出物のおはなし

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

 

 

唐突ですが、結婚式の引出物選びって、けっこう苦労するものです

 

ゲストの好みを考えて贈るタイプの人、予算別で選ぶタイプの人、ひとによってホントさまざま

 

横手市近辺でよく伺うお話ですと

 

プチギフト 300~500円

引き菓子(バームクーヘンやケーキなど) 800~1,000円

引出物(カタログギフトやお皿など) 3,500~4,000円

 

トータルで5,000~7,000円のご予算が多いようです

(あくまで目安です。地域差がありますので、ご了承ください)

 

内容ですが、たとえば遠方からのゲストの方

 

もちろん、電車を使っての移動が多いでしょうから、なるべく軽いもの、かさばらないものが喜ばれます

 

逆に御年配の方ですと、カタログギフトから選ぶのが面倒で期限が切れてしまう、という声をよくききます

 

なので、最近では日常使いできるアイテムが喜ばれるようです(レンジパックやファミリー向けのお皿など)

 

ゲストの中には日ごろからお世話になっている上司や先輩もいらっしゃるでしょうから、

「みんな同じだと、ブジョホでねが・・・」という方もいます

 

そういう方の中には、丁寧にリストを作られて、

「この人にはコーヒーカップ」、「あの先輩は家族がいるから五客くらいのお皿がいいな」、「そうそう、○○ちゃんは子どもがいるから、子ども向けのギフトもいいね」

という感じで、相手の家族構成や性格に合わせて決めていくケースもあります

 

偉そうなことは言えませんが、わたしはどのタイプも正解だと思います

 

100の結婚式があれば、100のストーリーがあり、ゲストも、内容も本当に様々

 

一番大事なのは、幸せな自分たちの姿を見てもらうことですからね

 

そして、自分たちを見に来てくれたゲストの顔を思い出しながら引出物を選べば、

きっと間違いなんてないと思います

 

あ、熨斗(のし)ですか?

 

ブライダルの場合、横手市近辺での表書き(のし紙の上の部分)は「寿」がほとんど

(これも地域差がありますので、自分たちの家族、親戚に相談してみるのもいいでしょうね)

 

肝心な名入(下の部分)ですが、ここは意見が分かれるところ

 

まず、ご両家の名字を入れるパターン

 

次に、二人のお名前を入れるパターン

 

どちらが正解?

いや、これも間違いはないんです

 

ご両家でよく相談して決められるのがよいでしょう

 

比較的、ライトなゲストウェディングやレストランウェディングでは、

二人のお名前を入れることが多いようですけどね

 

ちなみにアクアスではこんな熨斗(のし)もありますよ

 

キャプチャ.PNG

 

 

とにかく引出物選びは、意外と手間がかかるもの

イコール ゲストへの思いやりですので、是非時間をかけて選んでみてくださいね

 

ブライダル、引出物のご相談も御遠慮なく

ブライダル専門のスタッフがおりますので、お客様のご希望に寄り添ったお手伝いをさせていただきます

 

不安なことや、わからないこともお気軽に

 

女性スタッフは全員既婚ですから、親身になってご相談に乗りますので

(たまに世間話になるくらい、盛り上がる時もあるようです 笑)

 

 

 

スタッフ 神谷大介

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.akuasu.com/mt-tb.cgi/41

コメントする