アクアスブログ

チェルノブイリ・ハート上映会の感想

| コメント(0) | トラックバック(0)
昨日12月2日(金)に横手市かまくら館で『チェルノブイリ・ハート』のアンコール上映会がありました

(詳しくは前回のブログで「チェルノブイリ・ハート」アンコール上映/横手市

スタッフとして参加させていただきましたが、今回も多くのご来場者に恵まれました

動画共有サイトのYOUTUBEで以前、この作品を見ました

その際は字幕もなく、ただ映像のみでしたがとてもショックな内容で、今回見るにあたり字幕つきだったため内容もさらに深く、「これが現実か」と身震いしました


1986年4月26日、ベラルーシ共和国の南のウクライナの最北部にあるチェルノブイリ原発事故が発生し、南風に乗って放射性物質が国境を越え、南東部のホミェリ(ゴメリ)州を中心とする地域に大きな被害が及びました

特に、外で遊んでいた子供たちへの被害は甚大で、その3人に1人が甲状腺癌に侵されたそうです

こちらの記事にチェルノブイリ原発事故のその後の様子が書かれています
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/chertour/Osma.html



映画の中には多くの医師が登場します

印象的だったのは、こどもたちの癌発症や重度障害に「放射能は因果関係があるだろう」とそれぞれが口にしていたことです

もしかしたらないかもしれない、でも、あったら...

インターネットの世界ではチェルノブイリと福島原発事故は違うという見方をなされている方もいるようだと、上映後のトークでお話をなさっていました

遠い国で苦しんでいる人が多くいるのが現実だとしたら、状況は違えど、遅れたら取り返しのつかないことになると感じました

じゃあ何ができるの?ということで、特に気になったのが子どもに食べさせる食品

放射性物質を体外に排出させる作用があるアップルペクチンというものがあるそうです



(以下転載アップル機能性研究会より)


確認することのできない放射線核種の体内蓄積に私達はどのように対処すべきか!
特に被爆予防の効果的な手段として、蓄積された放射線核種排泄のために、ライフスタイルの中に規則的な放射性核種除去方法を実践して対処するべきである。

1.ペクチン含有の食品、飲み物の摂取を積極的に心がけること
(特に、リンゴ、干しブドウ、ブドウ、海藻類にはペクチン室が豊富なので積極的に摂取する)

2.特に子供と妊娠した女性は上記のペクチン含有食品を積極的に摂取する

3.放射線核種で汚染された可能性のある地域の住民は、非汚染のクリーンな食品類の摂取はもちろんであるが、しかし極めて困難であることからなるべく食物繊維の豊富な食品を毎日の生活の中に規則的に摂取できるように工夫する

4. 特に有効性が高いリンゴペクチンの摂取が進められるが、このペクチン質はリンゴ一個(約200g)当たり約0.2%~0.8%(約0.4%~1.6g)含 み、食物繊維としては2%(約4g)含むので、ペクチン質の効果的な一日摂取量を2g/dayとすれば、毎日リンゴ五個を食べることになるが食物繊維も存 在することから毎日リンゴ二個程度が推奨される(ネステレンコ博士論文で使用されているVitapectは毎日10g(5gx2回)服用しているがペクチ ン質が20%なのでアップルペクチンとして2gを毎日摂取したことになる)

5.製品化されている低分子化アップルペクチンの摂取ができれば理想的である(低分子化されたアップルペクチンは活性酸素の消去能に優れている(田澤))

6.野菜やキノコ類は水に浸す、茹でる、塩漬け、酸漬けにすることで汚染した放射線核種量を数分の一に減らすことができる

追記:作用等に関して
7.Cs-137(セシウム137)の体内取り込みは、94%が食べ物から、5%が飲み物から取り込まれ、残りの1%は空気からであることを知っておく

8.子供に対するCa-137の影響は、特に心血管系、神経系、内分泌系、免疫系と腎臓、肝臓、服などあり、病的変化をもたらす

9.ペクチンは消化管でCsに科学的にイオン結合するといわれており、他にも暖衝作用、吸着力、解毒作用(G.Malyoth)と静菌作用(田澤)を発揮することから結合的に便量を増やしCs-137にも有効に作用すると思われる

10.ペクチン摂取は、血清K,Zn,Cu,Feなどの微量ミネラルのバランスには影響しない(V.Neeterenko)

田澤 賢次(富山医科薬科大学 名誉教授)

(転載終わり)


体にセシウムを取り入れないことがベストのようですが、現在の流通を考えると難しいかも

賛否両論あるようですが、積極的にこういうものを活用するのはいいことだと思えます

ちょっと難しい内容(勉強不足ですみません)だったかも知れませんが、これを機会にもっと勉強していこうと思いました



スタッフ 神谷大介









トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.akuasu.com/mt-tb.cgi/65

コメントする